味子の温泉探訪🎶 IN城崎

2017/09/16 ▶︎
wp_admin

Golden Goose Superstar Sneakers Sale <味子箱>

いやぁ、めっきり秋めいて参りました。温泉入って「ぷっは〜〜〜」って喉の奥から言うてまう季節になりましたな。
前にも書いたかな?私めちゃめちゃ温泉好きでございます。でもそない詳しくはないんやけど・・・。(どないやねん)
普段はもっぱら、スーパー銭湯をいきまくっていて、最近は娘と行くのが趣味になってます。
あんまり知らない私が、城崎温泉にはちょこちょこ行きます。今年のお盆に弟夫婦と行って来たので、すこーしご紹介♫

*さとの湯*
エキゾティックな雰囲気が漂いハーブの香りや滝の音に満ちた不思議な空間。1400年前より湧き続ける城崎らしさに現代性をプラスして誕生したのが「さとの湯」
*一の湯*
合格祈願・交通安全・開運招福の湯とも呼ばれ、桃山様式の歌舞伎座を思わせる建物で、街の中央に位置し、名実ともに城崎温泉の象徴とされている。
*御所の湯*
火伏防災・良縁成就・美人の湯と呼ばれ、江戸時代「殿の湯」または「鍵の湯」と呼ばれた湯が西隣にあったが、明治になって御所の湯に合わせられた。京都御所を彷彿とさせる現在の建物は平成17年7月に四所神社隣に新築移転となっている。
*まんだらの湯*
商売繁盛・五穀豊穣・一生一願の湯。温泉寺開祖道智上人の曼荼羅一千日祈願によって湧き出た為この名がある。その後800年を経た後、にわかに湧き上がって熱湯になったが、折りよく来合わせた京都の僧日真上人が曼荼羅を書いて泉底に沈め、数日にして適温に復したと言われる。
*地蔵湯*
家内安全・水子供養・衆生救いの湯と呼ばれる。この湯の泉源から地蔵尊が出たのでこの名があり、比来庭内に地蔵尊をまつっている。外観は和風灯篭、六角形の広い窓は玄武洞をイメージしている。
*鴻の湯*
コウノトリが足の傷を癒したことから発見されたと言ういわれに基づいて名付けられた。山の湯風をとりいれた素朴な様式の建築で街の奥深く街路から離れた閑静な湯。
*柳の湯*
子授安産・子授けの湯。中国の名勝西湖から移植した柳の木の下から湧き出たと言うので、この名がつけられた。外傷やはれものに蓄効があったと言われる。

あー書いてて漢字の多さに賢くなった気がする(笑)
でも調べたら、すんごい歴史があるんやと改めてびっくり。皆さんも夏の疲れを癒しに訪れてはいかがかしらん。

ではではまた・・・

この記事を書いた人

wp_admin

関連記事