味子家カップヌードルを作る

2018/03/26 ▶︎ ,
ajiko ajiko

<味子箱>

こんな施設があるとは・・・

 


 

久々の「味子お出掛けしてこんなとこ行ってきましてん」シリーズ。
え?そんなシリーズあったかって?そんなん、気にしたらアカンねんで。←どーゆー事?笑

 

さてさて皆さん、カップヌードルミュージアムをご存知?カップヌードルの歴史を見学出来て、オリジナルのカップヌードルが作れる施設。

前から娘が行きたい行きたい言うてて、やっとこさ行きました。

まず施設入って、オリジナルカップヌードルを作る為の受付を済ませる。ほんで、その作る場所に向かうと・・・

 

noodle2

 

まず、最初にこのデカデカ「カップヌードル」がお出迎え。みんなこの前で写真撮ってたわ。って私も撮ってるけど(笑)
そして、このデカデカカップヌードルをパシャリンコしてその場所を過ぎると…

 

noodle1

 

見て!! この景色!!  圧巻!!

歴代のラーメンやらうどんやらスパゲティのレトルト食品がずらり✨
そんな中でも、ぜひみんなに見て欲しいパッケージを下にまとめてみたよん。

 

noodle3

 

な?めっちゃおもろくない?
左下なんて、タッチの「みなみちゃん」やん!しかもネーミングよ。
「初恋タッチ」って(笑)初恋にタッチすんねんで。ソフトタッチなんやろか・・・。←
見た時、みなみちゃんが懐かし過ぎて、思わずわろてもたやん。

その隣「タコヤキラーメン」やし。タコヤキラーメンって。明石焼きみたいなもんやろか・・・。←
(さっきから想像があんぽんたんすぎるでな)

そして1番上の、真ん中。
UFOなのに、ホワイトカレーって。どーゆー事なん⁇ って二度見してもたやん。
え?焼きそばやけど、カレーで、しかもホワイトなん?
あかん、おばちゃんわからん(笑)

と、まぁ…こんな風にめっちゃすごい種類がいっぱいあった。これ見てるだけでも、すんごい面白かったで〜。
しかし、日清さんいろいろ作ってるわ〜。すごいわ〜。開発者?企画?の人達の頑張りがめっちゃわかる展示場でござんした。

 

そしてそして〜〜、作る場所に到着〜。

 

noodle4

 

めっちゃ広い!! とにかくでかい!!

ここでまずはお姉さまに貰った空のカップに、オリジナルのカップヌードルを作る為のお絵かきタイムとなる・・・って
続き書こうかしらと思ったけども・・・なんか長なってもうたし、こっからが本番やから、Part2書きます。

え?1回でええって?そんなん、そんなん、そんなん…
言わんといてーーーッッッッ!!  泣くでぇぇぇーーーッッッッ!!

と、言うことでPart2へと続くのであーる

 

 

ではではまた・・・

ajiko

この記事を書いた人

ajiko

生活している中での小さな疑問や、日々のこと、日々の暮らし、家族、友達、おでかけ・・・などなど、ライフスタイル全般をお伝えしていきます。素人工作で家をちょこちょこいじって、模様替えを楽しんでいる大阪の人です。

関連記事