ふと食べたくなるほかほか肉まん

2018/04/13 ▶︎ ,
mumakari mumakari

 

うま食堂〉おかずレシピ

 

ふと食べたくなるほかほか肉まん こどもと一緒におうちで作るとさらにおいしく感じられます◎

 

①うま家の肉まん

娘達が作ったので何とも楽しいバランスの肉まんになりました

 

【材料】4人分

あん
豚ひき肉・・・150g
干し椎茸・・・20g
春雨・・・・・乾燥したもの5g スープ用の細いものが使いやすいです)
砂糖・・・・・小さじ2
みりん・・・・小さじ2
しょうゆ・・・大さじ1
塩こしょう・・少々
水・・・・・・60cc
片栗粉・・・・小さじ2
サラダ油・・・小さじ1

 


小麦粉・・・・100g
強力粉・・・・100g
砂糖・・・・・小さじ2
塩・・・・・・小さじ1/2
ぬるま湯・・・110cc
ドライイースト・・・3g

 

【手順】

⑴まず、あんを作る。干し椎茸は水で半日ほど戻しておき、柔らかくなったら水気を切ってみじん切りにする。春雨はハサミで細かく切っておく

 

nikvman

 

⑵フライパンを熱しサラダ油を熱し、ひき肉を炒める。色が変わったら椎茸、塩こしょう、砂糖、みりん、しょうゆ、水と春雨を入れ水分が飛ぶまで弱めの中火で炒める

 

nikuman1

 

⑶水分が飛んだらフライパンの火を止め、分量外の水で溶いた片栗粉を回し入れ、良く混ぜてからフライパンの火をつける。とろみがついたら火を消す。この時味見して、味が薄ければ塩こしょうで調整する。

 

⑷あんを冷やしている間に皮を作る。皮の材料すべてをボウルに入れ、良くこねる(ホームベーカリーを使って混ぜても◎)。全体が良く混ざって生地がまとまったらふきんをボウルにかけて45分発酵させる

 

kawa

 

⑸生地を8つに分けて、⑶のあんを包む。8つすべて包み終えたら20分発酵させる

 

tutumu

 

⑹蒸し器で15分蒸したらほかほか肉まんのできあがり

 

mus

 

mumakari

この記事を書いた人

mumakari

北海道で夫と娘ふたりとの4人暮らし。オシャレな料理は作れないけれど、飽きのこないどこか懐かしい感じのする料理を作れたらと思っています。 Instagram @mumakari

関連記事